労働面から都知事選各候補者公約を見る ~小池百合子氏~

 2016年都知事選が近いため、労働面から各候補者の公約を見ていきたいと思います。なお、特定の候補者を応援する目的ではないので、ご了承ください。また、泡沫候補になりそうな方は時間の都合もあり除外します。
 今日は小池百合子氏の選挙公約(pdf注意)。


(2)「待機児童ゼロ」を目標に、保育所の受け入れ年齢、広さ制限などの規制を見直す。
保育ママ・保育オバ・子供食堂などを活用して、地域の育児支援体制を促進する。

 待機児童について。規制見直し、促進する等あり。但し、具体的な記述はなし。
 増設するという記載はいっさいなし。


(6)「残業ゼロ」などライク・ワーク・バランスの実現を、都庁が先行実施する。

 「残業ゼロ」を都庁が先行実施するとあり。具体的な制度についての記述はなし。民間についてどうするかの記述は一切なし。


(7)満員電車をゼロへ。時差出勤、2階建通勤電車の導入促進。

 時差出勤、通期電車導入促進とあり。具体的な制度等についての記述はなし。
 なお、常磐線でかつて2階建通勤電車があったが、廃止されている。

 総評としては、保育については多少制度に対する記述があったものの、他の労働面には具体的な制度についての言及はなく、曖昧な印象を受けました。全体的な記述も、かなり短めです。

 次回は鳥越俊太郎氏の予定です。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村
宜しかったらクリックお願いします

 

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ