労働面から都知事選各候補者公約を見る ~鳥越俊太郎氏~

 2016年都知事選が近いため、労働面から各候補者の公約を見ていきたいと思いますの第二弾。
 今日は鳥越俊太郎氏の選挙公約(pdf注意)。


保育士の給与・処遇を改善します。

 保育士の待遇改善について記述。具体的な対策、数値目標等は記述なし。


貧困・格差の是正に向けて、若者への投資を増やすなど、効果的な対策に取り組みます。

 若者について。此方も具体的な対策等はなし。


大介護時代に備え、特別養護老人ホームなど高齢者の住まいを確保します。介護職の給与・処遇を改善します。

 介護職の待遇改善について記述。こちらも具体的な対策、数値目標はなし。

■笑顔あふれる輝く東京へ
希望する人が正社員になれる格差のない社会を目指し、仕事と家庭の両立を支援します。東京の宝・職人を大切にするマイスター制度を拡充します。
→働く人の37.5%が非正規社員。正社員化を促進する企業を支援します。
正社員化を促進する企業を支援し、不本意非正規社員の解消に努めます。また、最低賃金の引き上げを求めていきます。
長時間労働の是正など、働き方改革で、ワークライフバランスを進めます。
東京の宝である職人文化をマイスター制度で育はぐくみます。

 非正規雇用問題について記載。企業の支援を行い、最低賃金の引き上げを行うとあり。
 長時間労働の是正についても進めるとあり。但し、具体的な数値目標や、制度についての記述はなし。

 また、マイスター制度で職人文化をはぐくむともあり。なお、マイスター制度とは、熟練職人が若手の職人に対して、技術を継承する制度。詳細については、此方をご参照ください。

 総評としては、小池氏よりは労働関連の記載は充実していたものの、数値目標や具体的な記載は少ないように感じました。
 次回は増田寛也氏の予定です。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村
宜しかったらクリックお願いします

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ