「 労働法 」一覧

NO IMAGE

働き方改革で変わる法律について ⑤高度プロフェッショナル制度

 働き方改革で、実際に法律がどのように変わるのかを、幾度かに分けて特集しますの第5弾。  下記、厚生労働省のサイトより、必要箇所をかい...

記事を読む

NO IMAGE

働き方改革で変わる法律について ④裁量労働制

 働き方改革で、実際に法律がどのように変わるのかを、幾度かに分けて特集しますの第4弾。  下記、厚生労働省のサイトより、必要箇所をかい...

記事を読む

NO IMAGE

働き方改革で変わる法律について ③フレックスタイム制の改定

 働き方改革で、実際に法律がどのように変わるのかを、幾度かに分けて特集しますの第3弾。  下記、厚生労働省のサイトより、必要箇所をかい...

記事を読む

NO IMAGE

働き方改革で変わる法律について ②年次有給休暇の使用義務化

 働き方改革で、実際に法律がどのように変わるのかを、幾度かに分けて特集しますの第二弾。  下記、厚生労働省のサイトより、必要箇所をかい...

記事を読む

NO IMAGE

働き方改革で変わる法律について ①時間外労働の上限

 働き方改革で、実際に法律がどのように変わるのかを、幾度かに分けて特集します。なお、法案はまだ可決していませんが、来年度の国会で、関連の全法...

記事を読む

NO IMAGE

こんな骨抜きが許されるなら、無期転換ルールなど意味がない

 登録型派遣で働く労働者に対して、大手自動車メーカーが5年ルールの影響で2018年に本格的に運用される無期転換ルールが適用されないようにした...

記事を読む

NO IMAGE

電通の過労死事件の刑事事件としての公判雑感

 電通の過労死事件における、刑事事件としての初公判が始まりましたが…。  違法残業があったのに必要な防止措置を取らなかったとして、労働...

記事を読む

NO IMAGE

引越社の不当労働行為の認定は当然ではあるが

 東京都労働委員会が、アリさんマークの引越社(株式会社引越社)に対し、従業員に行った行為が不当労働行為であると認定されたようですが…。 ...

記事を読む

NO IMAGE

大事なのは、刑が確定していない地点での、逮捕が理由の解雇を法で規制することでは

 弁護士ドットコムに、逮捕拘留地点での解雇は有効かどうかの記事が出ていました。 逮捕されただけでまだ有罪かどうかはわからないが、会社に...

記事を読む

NO IMAGE

それでも組合に入った方が良い理由

 今日は雑感に近い記事を。  嶋崎量弁護士のツイートより。 先日、先輩組合員の勧めにも関わらず組合加入を頑なに拒んでいる若手労働...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280
336×280