「 労働法 」一覧

NO IMAGE

大事なのは、刑が確定していない地点での、逮捕が理由の解雇を法で規制することでは

 弁護士ドットコムに、逮捕拘留地点での解雇は有効かどうかの記事が出ていました。 逮捕されただけでまだ有罪かどうかはわからないが、会社に...

記事を読む

NO IMAGE

36協定に係る労基法36条が定める「労働者の代表」とは

 以前何度か書いた通り、一日八時間を超える残業を行うには、労働基準法36条に関連した、36協定を締結しないといけません。  今回は、法文に...

記事を読む

NO IMAGE

高橋名人の労働環境は、法的にどうなのか ~しくじり先生より~

 今回は少し視点を変えて…。  5月28日の夜に放送された(関東では)「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に、高橋名人こと、高橋利幸...

記事を読む

NO IMAGE

長時間残業がなく、連勤が続いた場合も「過労死」認定される例が出た

 過労死ラインを越す長時間残業がなくとも、連勤が長期続いた場合でも過労死認定される例が出ました。  2015年に亡くなった女性会社員(...

記事を読む

NO IMAGE

法的に定められた権利も、労組を通じないと得られない現状

 KDDIで、社内労組が一時金を契約社員にも適用させるよう要求するという方針を掲げていますが。 通信大手KDDIの労働組合は今春闘で、...

記事を読む

NO IMAGE

「労働時間管理の義務が使用者にない」からこそ、自身で時間の管理するのは大事

 NPO法人POSSEの坂倉氏が、下記の呟きをしていました。 先日話を聞いた労基署の監督官は「労働時間の上限規制もインターバル規制も無...

記事を読む

NO IMAGE

有給休暇取得に理由は不要。当然の権利だから

 有給休暇について、また出鱈目な認識を押し付けるような記事がありました。 体調が悪いときや身内に不幸があったときは、やむを得ず有休を取...

記事を読む

NO IMAGE

例外なしの「繁忙期でも月100時間が上限」が導入されるのであれば画期的ではあるが…

 政府が、三六協定の特別条項も認めない方向で、残業時間の上限を制定する調整を開始したとのことです。 政府が働き方改革に向け、残業時間の...

記事を読む

NO IMAGE

自爆営業は完全な法律違反と認識し、証拠を集めておこう

 郵便局で盛んに行われていて社会問題になった、罰則付きのノルマを制定する所謂「自爆営業」が未だに行われているというニュース記事が入りました。...

記事を読む

NO IMAGE

「月80時間を上限とした上限規制」が導入されるというが、現行法にもある

 毎日新聞によると、政府は月80時間を上限とした残業時間の上限規制を導入するとありますが…。  政府は、長時間労働の是正策として検討し...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280
336×280